RO水や天然水の違いとは?お水の種類を知ろう

お水の種類

ウォーターサーバーを選ぶ前に、お水種類について知っておくことで、自分にぴったりのウォーターサーバーを失敗なく選ぶことができると思います。

ウォーターサーバーのお水は一般的に「天然水」と「RO水」の2種類があります。
それに加え、浄水器によってろ過されたお水「純水」についても知っておくことで、本当に求めているお水について、天然水であるのか、RO水、純水であるのか、正確な判断ができるようになるはずです。
以下では、それら3種類についてまとめております。

純水とは?

お水を構成する分子だけを残そうと徹底的に処理したものが純水です。
RO水も限りなく純水に近いものとして知られておりますが、純水を製造するには、ROろ過も含め、何段階ものろ過がされております。お水の成分しか存在しないので、その安全性はもちろん、お水の変質も軽減できるメリットがあります。

RO膜というろ過システムを通じて生成する人工水であり、ミネラルや細菌類、放射性物質などを取り除いたお水です。

ミネラル分の含有量によって硬水、軟水といった具合に線引きされておりますが、純水は超軟水となります。
一般的に硬水は飲料水に適していないため、軟水を飲料水とするものなので、超軟水であれば飲料水として最適と考えられます。

ミネラルは栄養素に他ならず、それを取り込むために天然水を愛飲してきたこれまでと考え方が相反するようなので戸惑いを覚える人もいらっしゃるでしょうが、海外の天然水先進国でも、どんどん純水のシェアが伸びてきているのです。

日本では水道から軟水が出るので、それほど飲料水について意識していない人が多いと思います。
最近になってようやく純水についての知識が浸透し始め、飲料水の先進国に肩を並べるようになりました。
その背景には、赤ちゃんや小さな子どもを持つママさんが純水への意識を高めたことがあります。

純水は赤ちゃんの飲料水として最適とされています。
その理由は、赤ちゃんは汗かきで脱水症状になりやすく、ミネラル分が多く含まれた天然水や、煮沸した水道水を与えてしまっては、まだ十分に発達していない内臓に過度な負荷をかけてしまいます。

その点、純粋な水分である純水であれば、適切な水分補給ができるのです。もちろん、ミルクを作ったり、離乳食に使うお水についても同様です。純水であれば、味わいを損ねることもありませんので、赤ちゃんや小さな子供が違和感を覚えて遠ざけるようなこともないでしょう。

RO膜によるろ過システムは、ウォータースタンドや楽水といった水道直結型ウォーターサーバーから、水道水をろ過して純水を生成することができます。また熱湯もすぐに使えミルクも作ることができるため、赤ちゃんのいるご家庭におすすめです。

純水イメージ

天然水とは?

天然水とは、地中を流れる地下水をくみ上げ、ろ過・殺菌したお水です。
地中を流れる過程で土壌よりミネラルが溶解しており、自然の恵みをふんだんに含んでいるのが特徴です。

天然水は土壌で長時間にわたってろ過されており、くみ上げてからの浄化・殺菌過程では最低限の処理だけをおこなうことで、自然な味わいと風味や成分が保たれています。

人の手をできるだけ加えないようにしているため、採水地ならではの味わいを楽しめ、まろやかでおいしいという特徴があります。

ウォーターサーバー業界ではこちらが主流であり、よりおいしく味わえるようお水の鮮度にこだわったメーカーも少なくありません。天然水ウォーターサーバーの魅力としては、コストは高いのですが、その分おいしいお水を、さらにおいしくする高機能サーバーで味わえることです。

天然水イメージ

RO水とは?

RO水とは採取した水にRO膜という逆浸透膜によって処理を施した水のことであり、0.0001ミクロンという超微細孔のフィルターを通すことで、徹底的に不純物を除去しています。とここまでは純水と同じなのですが、クリクラやアクアクララなどではこれにミネラル成分を後処理で加え、風味や成分を整えているため、味わいは異なってきます。

天然水と比べミネラル成分が調整できるため、水道直結型ウォーターサーバー誕生までは、赤ちゃんに適したお水として人気を集めておりましたが、水道直結型ウォーターサーバーでは純水を生成できるため、今では赤ちゃんに対してこちらが最適と言えます。

また人口のミネラルに関しては、Amazonでも購入することができますので、赤ちゃんには純水を、大人にはミネラル成分を加えたものを、と使い分けることができるので、よりベターかと思います。

グレイトミネラル

3種類のお水を取り上げてみましたが、どれが良いお水であるかを考えるのであれば、何に使用したいのか、目的意識を明確とすると考えやすいかと思います。

大人の飲料水として選ぶのであれば、風味豊かな天然水、赤ちゃんのミルクやお料理に使用するのであれば、安全性も高く味わいを損ねることのないRO水または純水のほうがおススメといえます。

これらを総合的に考えれば、幅広い目的に使用することのできる純水は万人向けともいえるかもしれません。

水道直結型ウォーターサーバーはこちら↓





  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集