原因不明の不調はお水で解決!自覚症状のない慢性脱水症とは?

体の不調はお水が原因かも?

ストレス社会の多い現代では、原因不明体調不良鬱病として診断されるケースが非常に多く、本当は必要でもないのに、精神安定剤や抗うつ剤を処方されてしまいます。

このお薬を飲みはじめることで、さらに体調が悪化していくという事実もあります。

このページでは自分で気づけない、知らないうちに深刻化してしまっている、お水が原因で起こる本当は怖い症状について、ご紹介いたします。

不調の原因はお水にあった?

お水と鬱病

体の中にあるお水は意識されにくいですが、知らないうちに不足していたり、滞ってしまっている人が多いのです。

体内のお水の重要性は、現代の医療でもあまり注目されておらず、病院で健康診断を受ける時にも、血圧やコレステロール値、血糖値などは調べますが、体内のお水の量や状態を調べる事はほぼありません。しかし、血圧やコレステロール値がどんなに正常でも、体内のお水に問題があれば実は健康を維持する事はできません

体内のお水による不調は、疲労感や頭痛、便秘、関節痛など様々です。こうした症状は「原因不明」とされてしまう事が実際に多くあるのです。

美容や健康に関心がある人でも、体内のお水のケアは見落としがちになってしまっております。理由としては、体内のお水は透明な液体として目で見る事が難しいからです。例えば手に切り傷ができた時、出てくるのは血液です。一見お水ではありませんが、その血液から赤血球などの固形物を省くと 、半分以上が体内のお水なのです。

体内のお水は体の約60%を占めています

体内のお水

私たちの体の約60%を占めている体内のお水は、どのように存在しているのでしょうか?例えば筋肉では、なんと75〜80%が水分です。皮膚も約70%が水分で、硬くて渇いた印象のある骨でさえも、その30%以上は水分なのです。その他、血液、リンパ液、細胞の中、細胞と細胞の間、脳や骨髄の中など、その存在場所は多岐に渡ります。しかもそれぞれが特定の場所に留まっている訳でもありません。絶えず行き来をし循環しています

体内のお水の隅々まで満ちている事で、臓器や血液など、体を構成しているあらゆる組織が正常に働きます。逆に言えば、体内のお水が足りなかったり、滞って痛いるすると、たちまち私たちの体は不調をきたしてしまいます。ストレスが多く、運動不足になりがちな現代人は、体内のお水のバランスを崩しやすい生活を送っています

もしあなたが今、何かしらの不調を抱えているならば、体の中のお水を意識してみてください。体内のお水が整うと、不調は改善されていきます。便秘が良くなる事もあれば、肌に潤いが戻ってくる事もあります。体内のお水は体のあらゆるところに影響を及ぼす為、効果の表れ方も人それぞれですが、より健康に美しくなれる事は確実と言えます。

具体的な体内のお水イメージ

体内のお水イメージ

体内のお水がどれだけ大切なのかは、お鍋に例えると分かりやすいです。臓器はお鍋の具材、体内のお水はつゆにあたります。具は野菜やきのこ、肉、海戦などいくつもの種類があって、初めてお鍋となります。体も同様に消火器や循環器など様々な働きをする臓器があってこそ生命活動が成り立ちます。

お鍋が美味しいのは、だしの聞いたつゆが全ての具材に染み込んでいるからで、人の体も臓器が体内のお水でしっかり満たされていると、元気に機能してくれます。お鍋のつゆが減ってきたら注ぎ足す必要があるように、体も体内のお水が減ってきたらお水を補給しなければいけません。

お水が不足すると臓器が正常に働かなくなってしまうのです。しっかりとケアする事で、体全体がイキイキとしてきます。

自律神経の乱れと慢性脱水症の関係とは?

鬱

体内でお水がスムーズに流れ、水分の代謝がきちんと行われていれば、臓器の新陳代謝も正常になり、不要な老廃物は排泄され、体を健康に保つ事ができます。しかし、お水の流れは一度よどんでしまうと、組織の働きが鈍くなり悪循環になってしまいます。

ではなぜ水分の代謝異常が起こるのでしょうか?原因は様々で心臓や血管など循環器の機能低下、腎臓など泌尿器のトラブル、胃腸での水分吸収力の低下などが考えられます。そして見落としがちな原因の一つに、自律神経の乱れがあります。自律神経とは交感神経と副交感神経によって成り立ち、簡単に言えば、体が緊張状態か、弛緩状態かを決める神経の働きの事です。

交感神経と副交感神経の働きによって、各組織の昨日は反対の状態になります。自律神経の乱れが免疫力にまで影響があるとされるのはこの為です。

それだけ原因とは言えないのですが、自律神経が乱れると体内のお水が不足し、慢性的な脱水症状に陥っている事があります。ストレスが多く自律神経が乱れがちな生活をしている人は、体内のお水が足りていないかもしれません。

交感神経と副交感神経の関係性を下記の表にまとめております。

副交感神経器官交感神経
【遅い】
血行が悪くなり、血液の流れは緩やかに
血液循環【速い】
血行が促進され、血液の流れが良くなる
【低め】
体温は下がり、休息や睡眠に適した状態に、発汗量は減る
体温【高め】
体温は高くなり、活動的な状態になる、発汗量が増える
【深い】
ゆっくりとした深い呼吸になる、全身に酸素が行き渡る
呼吸【浅い】
浅く速い呼吸になり、緊張感があらわれる
【低め】
血管が拡張し血流も緩やかに、血圧は下がる
血圧【高め】
血管が収縮し血流が速くなる、血圧は上がる
【促進】
消化機能は促進され摂取したものをどんどん消化
消化機能【抑制】
消化機能は抑制され消化器官を休める状態に
【弛緩】
筋肉は弛緩しリラックスするが運動能力が落ちた状態に
筋肉【緊張】
筋肉は緊張し瞬時に動けるが、長く続くと疲労に
【減少】
外敵である異物を攻撃できず、病気に負けやすい
免疫力
(白血球・顆粒球)
大きな異物を攻撃し、飲み込んで処理する働きを持つ。飲み込んだ異物とともに死滅し、うみなどになって排出される
【増加】
異物をいち早くキャッチして戦うが、発熱や炎症などが起こる
【増加】
小さな異物に抵抗ができる。リンパ球が増えて抗体が作られ、外敵に対する抵抗力がある
リンパ球
異物を分解したり記憶し、抗体を作って次に備える細胞。T細胞、B細胞、NK細胞などがあり、小さな異物と戦う
【減少】
小さな異物に抵抗できず、リンパ球が減少し抗体が作られにくく、抵抗力が低くなる

まとめ

日常的な不調は気がつきにくいものです。日頃から続いている体調不調などであれば尚更です。

私の体調はいつもこんなものだと思い込まず、不調の原因をつぶしていく事ができれば、今よりもっと快適に日々の生活を送る事ができます。

皆さんもお水との関わり方で、不安に感じられるような事があれば、一度、お水を意識してたくさん飲むようにしてみて下さい。精神科などで処方されるお薬は根本的な治療では決してありません。むしろ依存してしまう可能性のある危険なものです。

今ではウォータースタンドに代表される、水道直結型で安全なお水が使い放題で利用できるウォーターサーバーもあります。コストの事は気にせず、安心してお水をたくさん飲める環境を作る事が、お水との関わり方を見直す近道になるかも知れません。

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集