水道直結型ウォーターサーバーのコスパを徹底検証!損しないウォーターサーバーの選び方とは

浄水器ウォーターサーバーのコスパ比較

水道直結型ウォーターサーバーが安くて便利なのはだいたい分かったけど、ペットボトルの通販とか他のウォーターサーバーと比べて本当にコスパいいの?

そんな疑問を解決いたします♪

水道直結型ウォーターサーバーを利用する一般家庭や企業が増えている背景には、これまで主流となりつつあった宅配水ウォーターサーバーに比べて、非常にコスパが良いという

ウォータースタンドや楽水ウォーターサーバーなどの各メーカーも、宅配水よりコスト面で優れているポイントを全面的に押し出しております。

各社が公開している比較情報を元に内容を整理いたしました。

ペットボトルとの比較

ウォータースタンドや楽水ウォーターサーバーは、ホームページ上で水道直結型ウォーターサーバーを使用した場合のお水の消費量を300L/月とし、これと同量を、ペットボトルのお水で賄った場合において、どれほど水道直結型ウォーターサーバーがお得なのかを公開しています。

ペットボトルのお水の価格に違いがあったりと、なかなか分かりづらいようになっていますが、どちらもきちんと計算してみれば、ペットボトル水300L分の価格が5,000円を切ることなどあり得ないため、20,000円近くになるお水代を5,000円以下に抑えられるとしてPRされています。

ペットボトルとのコスト比較

天然水/RO水ウォーターサーバーとの比較

ウォータースタンドの場合は設置工事等の費用は無料です。

ペットボトルのお水よりもコスパが良いという理由でも普及していた宅配水と比較しても、水道直結型ウォーターサーバーのコスパは圧倒的と言えそうです。

楽水ウォーターサーバーのホームページにも詳しく記載されておりますが、12Lのガロンボトルを月に4本、つまり1週間に1本のペースで使用するとしても、6,000円以上かかる計算になります。

一方、水道直結型ウォーターサーバーのウォータースタンドや楽水ウォーターサーバーでは、月額3,500円ぐらいです。単純に天然水ウォーターサーバーから、のりかえなければ年間で18,000円も損しているということになります。

さらに水道直結型ウォーターサーバーはお水が使い放題なので、コストを全く気にすることがないのが大きなポイントですね。

しかも1日あたりたったの116円というコスパの良さは、現在、天然水ウォーターサーバーをご利用されている方にとってはショッキングな内容かもしれませんね。

天然水ウォーターサーバーをご利用中の方にとっては、下記のような利用方法は考えられないかもしれませんが、お水使い放題による大きなメリットの一つになります。

水道直結型ウォーターサーバー利用用途

メンテナンスについて

水道直結型ウォーターサーバーであれば、メンテナンスや経年劣化による故障の修理代金など、すべて月額費用に含まれております

これは利用していく上で、かなり安心なサービスであり、このようなアフターサポートを含めて考えれば、水道直結型ウォーターサーバーのコスパは想像以上に高いものとなっているといえます。

安心サポート

ウォーターサーバーのりかえについて

ウォーターサーバーをのりかえるとなると、面倒に感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、以外と簡単なものです。というのも私もコスモウォーターを解約したことがありますが、とてもシンプルなものでした。

【コスモウォーター解約の手順】
①コスモウォーターに電話で解約申請する
②ヤマトのスタッフがウォーターサーバーを引き取りに来てくれるので立ち会う
だけです。

あとは新しいウォーターサーバーの到着を待つだけです。

まとめ

水道直結型ウォーターサーバーにのりかえず、ズルズルいけばいくほど、コスト的にはどんどん損してしまいます。

ましてや昨今、配送業者の値上がりに伴い、宅配水の料金もどんどん上がっていってますので、配送不要で水道水を利用できる水道直結型ウォーターサーバーのコスパの良さが際立ってきております。

もちろんどちらを選択するも全てご利用される方の自由ですので、焦らずご検討される方が良いかと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングTOPバナー

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集