軟水や硬水って?お水の硬度について

お水の硬度とは

ミネラルウォーターのボトルなどを見て、硬水軟水といった表記を目にした経験は誰にでもあることと思います。

これはお水の硬度によって、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルがどれだけ含まれているか(mg/L)を基準としており、ミネラル分が多ければ硬水、少なければ軟水と分かれております。

日本のお水の多くは軟水、ヨーロッパではほとんど硬水、地域によってお水の硬さは異なってきます。

お水の軟水とは

ミネラル分の少ない軟水は飲料水や料理に適しており、矛盾するような気もしますが、ミネラルウォーターもほとんどが軟水です。

このため家庭用の浄水器が普及したとも考えられます。というのも、もともと日本では水道水の基準値が高く、そのまま飲んでも問題ないレベルなのですが、それに加え、さらに浄水器でろ過することにより、赤ちゃんにも安心で、より臭みのないおいしいお水となるためです。

お水の硬水とは

一方、ミネラル分の多い硬水は、スポーツ後、ダイエット時のミネラル補給や、便秘の解消などに効果的とされるなど、ある特定の目的のために利用されやすい傾向があります。

ヨーロッパでは硬水が多いこともあって、飲料用にミネラルウォーターを買うことが一般的となっているのが特徴です。

ヨーロッパでのお水事情

お水か硬ければ、大人にも影響が出ているわけなので、内臓が十分に発達していない赤ちゃんは硬水を飲むことはできません。

このため、ヨーロッパではウォーターサーバー普及率が高く、普及率は日本の10倍ほどとなっています。

タイプ的に見れば、軟水ボトルを交換するものも人気ですが、小さな子供や赤ちゃんのいる家庭であればRO膜によるろ過が理想的とされています。

アメリカでのお水事情

アメリカで開発されたRO技術は、ミネラル分を完全に除去するほか、細菌類、ニオイも取り除き、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質までもお水から除去するものであり、牛乳でさえも純水になるといわれています。

ミネラル分も取り除かれ、お水の硬さそのものが失われるため、赤ちゃんでも安心して体内に取り込めるお水となります。

日本でのお水事情

日本でもROろ過できる水道直結型ウォーターサーバーが取り扱われており、ウォータースタンドや楽水ウォーターサーバー、クールクーなどが人気を集めています。

月額3,480円から安心安全なRO水が自宅で使い放題となる上に、冷水、熱湯がいつでも使えるメリットは非常に大きいと思います。

この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。純水ならではの幅広い使いやすさは、きっとワンランク上のライフスタイルを実現してくれるでしょう。

水道直結型ウォーターサーバーはこちら↓





  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集