人間とお水の関係とは?健康に重要な体内のお水サイクル

健康に重要な体内のお水サイクル

人間にとってお水が重要ということは、皆さん何となく認識されているかと思いますが、では具体的にどうしたらもっと健康的に過ごせるのでしょうか?

毎日の生活の中で、どのように「お水」と向き合うべきかを知っていれば、より健康的に過ごすことができるようになります。

このページでは人間とお水の関係について解説いたします。

体内のお水が入れかわるサイクルとは?

お水の体内サイクル

体の約60%は水分で、そのうち1日に失われるのは2.5ℓ程度です。日々失われた水分量はきちんと補給できていれば、約1ヶ月で体の中のお水は全て入れ替わります。飲むお水が足りないと、体は一定の水分量を維持するために、古い水分をいつまでも抱え込むようになります。

古い水分には排出すべき毒素なども含まれていて、この代謝異常は、ある意味隠れ脱水状態。不調の原因にもなるので、悪いお水は出し、新しいお水に入れかえて、体内のお水のめぐりが良くなれば、体調も良くなります

お水の代謝をさらに効率アップさせるには、排出する力をつけることが重要です。飲んだお水は尿、汗、吐く息などで排出されていきますが、尿として排出する量が多すぎると腎臓に負担がかかるので、汗や呼吸からも積極的に排出できるのが理想的であります。

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は、汗と呼吸の両方から水分を出せるので、ぜひ生活習慣として取り入れてみてください。しっかりとぬるめの湯船に浸かるのも有効です。

喉が渇いてからでは遅い?お水の摂取について

高コスト

体内のお水のトラブルで怖いのは、毎日の生活であまりお水を飲まないために起こる慢性脱水症状です。知らないうちに水分不足に慣れてしまい、喉が渇く、口が渇くといった感覚がないので、脱水している自覚がないのです。

人は普通の生活をしているだけで、1日2.5ℓ程度のお水が必要ですが、それを補うタイミングを体がマスターできていないと原因不明の不調が起こります。スポーツをしたり、入浴して体温が上がると「喉が渇いた」と感じる人はまだ軽症ですが、デスクワークや軽い家事しかしていないので、喉が渇くことがない生活こそが最も危険なのです!

お水の飲み方で大切なのは、喉が渇いたからお水を飲む、飲みたい時に飲むのではなく、喉が渇く前にこまめに飲むことから始めることです。

オフィスでデスクにコーヒーやお茶のペットボトルを置いている人を良く見ますが、これをお水のボトルにかえてみて下さい。コーヒーやお茶には利尿作用があり、口の中は潤っても、体内の脱水はさらに進行してしまいます。これをミネラルウォーターにかえてこまめに飲むようにするだけで、お水の損失量を減らすことができます。

プラスアルファのお水が必要なタイミングとは?

炎天下作業

スポーツをしたり、夏の気温の高い日、仕事などで高温環境にいる人、緊張や興奮で汗をかく場面が多い人は、発汗で失われた水分を上乗せして補わなければなりません。

発汗量が多く標準以上のお水が必要な場合には、汗とともにミネラルも奪われている可能性があります。ミネラル不足は熱中症などを引き起こすことがあり、ミネラルの補給ができる天然水を選ぶのも良いでしょう。

塩分は敵視されがちですが、ナトリウム不足は重大なトラブルにも。スポーツでの発汗、炎天下やサウナなど高気温の中での大量の発汗では塩分を補う場合もあり、経口補水液などがオススメです。

熱中症対策には経口補水液が重要

手作り経口補水液

炎天下にいなくても、急激な体温の上昇や脱水症状を伴う熱中症になる人が増えています。

特に高齢者は体温調節機能が低下している上に、暑いと感じる感覚が衰え、気づかぬうちに重篤な熱中症になり、命を落とす人もいます。またウォーキングやランニングで大量に発汗すると、汗とともに塩分も排出されます。

喉の渇きに負けせてお水や冷たいお茶だけを飲んでいると、塩分不足になり、体は塩分バランスを取ろうとしてさらにお水を排出します。すると脱水症状が進行し、上昇する体温の調整もできなくなって熱中症になってしまいます。

暑い日やスポーツで大量に発汗した時には、水分とともにミネラル分、特に塩分を補うことが大切です。同時に上昇した体温を下げるには適度なエネルギーも必要です。その為、熱中症の対策にはバランス良くミネラルや糖分が含まれるスポーツドリンクや経口補水液が適しています。

厚生労働省の基準に基づき100㎖に対しナトリウムを40〜80㎎含む熱中症予防の飲料水や、食塩にブドウ糖をプラスした体液に近い成分の飲料を経口補水液と言います。急な熱中症には手作り補水液でも大丈夫です。塩分と糖分を補えば応急処置になります。

手作り補水液の作りかた

経口補水液柑橘類

真夏の炎天下はもちろん、室内でも急激な脱水症状や体温上昇を伴う熱中症になる人が増えています。そんな時に簡単にできる熱中症対策の方法をご紹介いたします。

【用意するもの】
・お水:1ℓ
・砂糖:大さじ4と1/2
・塩:小さじ1/2
・レモンの絞り汁など:適量

作りかたのポイントとしては、しっかりと混ぜることぐらいで、レモンの絞り汁はクエン酸を補える柑橘類(ゆず、ライムなど)なら何でもOKです。

またウォーターサーバーのお水や煮沸した水道水を利用する場合、作ったあとは冷蔵庫で保存し、1日で飲みきるようにして下さい。水道水には塩素が入っておりますが、それ以外のお水は長期の保存ができませんので、ご注意ください

まとめ

浄水器ウォーターサーバーの口コミ

知らないうちに慢性脱水症にかかっている人は多く、厚生労働省からも注意喚起が続いております

お水以外にも味のついた美味しい飲み物はたくさんありますが、水分として考えるのは間違いで、あくまでも体の為にはお水を選ぶようにして下さい

今からの暑い夏時期には熱中症も増えるので、よりお水との関わり方には注意していただければと思います。オフィスや自宅で作業されている人も例外ではなく、お水の重要性を再認識していただければ、毎日の生活がより健康的になっていくはずです。

他のページでもご紹介させていただいておりますが、お水を飲むメリットは多くあります。原因不明の不調には体内のお水が足りていないという可能性も考え、今後の生活に役立てていただけましたら幸いです。薬に頼らず健康的な暮らしを送る為にも、これからもお水の事をしっかり知っていきましょう!

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集