赤ちゃんにおすすめのお水とは?ミネラル成分はNG

赤ちゃんにおすすめのお水

赤ちゃんにおすすめのお水について解説いたします。

赤ちゃんは大人と同じようなお水は飲めない

ウォータースタンドや楽水ウォーターサーバーは、ホームページ上で自社のサーバーを使用した場合の水の消費量を300L/月とし、これと同量を、ペットボトルの水で賄った場合においてどれほど水道直結型ウォーターサーバーが得なのかを公開しています。

ペットボトル水の価格に相違があったりと、なかなかわかりづらいようになっていますが、どちらもきちんと計算してみれば、ペットボトル水300L分の価格が5,000円を切ることなどあり得ないため、20,000円に迫ろうとするお水代を5,000円以下に抑えられるとしてPRされています。

赤ちゃんに飲ませるお水は常温

赤ちゃんに飲ませるお水は常温のものをあげるようにしましょう。

大人と同じ温度のものを飲ませてしまうと、胃腸がまた未発達なこともあって過剰な刺激となり、下痢を引き起こしてしまいます。温度でいえば、10~15度のものであれば問題ないとされています。

しかし、常温のお水をあげているのに、お水が原因で下痢になってしまうことがあります。その理由は、お水に含まれている不純物やミネラル分が内蔵の負担となっているためです。

水道水であれば煮沸してカルキを飛ばし、常温に冷ましてから飲ませることは、ママさんなら誰でもご存知かと思います。

しかし、水道水はなんとなく不安になってしまいますし、煮沸して冷ます手間と時間もストレスに感じてしまうものです。

ミネラル成分はNG?

そこで、次に思い浮かぶのがミネラルウォーターでしょうが、カルシウムやマグネシウムといったミネラル分を多く含むお水を飲ませてしまうと、上記のように内臓に負担がかかって体調を崩してしまいます。

なかには加熱殺菌していないものも市販されていますので、ミネラルウォーターを選ぶにも何かと神経を使わされてしまうものです。

赤ちゃんに適したお水とは?

赤ちゃんにもっとも適したお水はどこで得るべきかといえば、やはり水道直結型ウォーターサーバーがおススメであり、通常プランではなくRO水プランでご利用になると、まず間違いないでしょう。

まず、水道直結型ウォーターサーバーを選ぶ理由は、お水が使い放題であり、お水だけでなくお湯も使えるためです。

なかでもウォータースタンドや楽水は常温水も利用できますので、赤ちゃんの飲料水を調達するにはとても便利です。

そして、RO水とは、不純物や細菌類、有害な放射性物質まで除去できる特別な処方を施したお水であり、ときにはピュアウォーターそのものであると表現される安全なお水です。

赤ちゃんの飲料水にも、ミルクや離乳食を作るときにも安心して使えますので、家事に育児に追われるママさんのストレスを大幅に緩和してくれることと思います。

以上より、RO水を常温で使用できる水道直結型ウォーターサーバーを導入するのがおススメであるのは確かであると共感いただけるのではないでしょうか。

水道直結型ウォーターサーバーはこちら↓





  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集