【頭痛】もしかして水分不足が原因かも!?頭痛とお水の関係性

頭痛原因は水?

多くの日本人は慢性的な水分不足に陥っていると厚生労働省からも発表されております。

水分が不足する事で様々な健康リスクを伴ってしまいます。実は頭痛もその一つ

なんで体内のお水が少ないと頭が痛くなるのか?意外と知らない頭痛原因お水の関係性について、ご紹介いたします。

人間とお水の関係性

体の水分

人間はほぼお水で構成されており、人間とお水の関係性は切っても切れないものとなっております。

生まれたての赤ちゃんは体内の80%以上がお水で構成されていると言われており、年齢を重ねるごとにその比率は下がっていきます。

胎児約90%
新生児約75%
子ども約70%
成人約60〜65%
老人約50〜55%

その比率分だけ水分は人間の体に影響すると言っても過言ではありません。

水分不足による健康リスク

水分不足は危険

水分摂取量が不足する事による脱水で、様々な健康リスクが高まります。

・熱中症(熱疲労、熱痙攣、熱射病)
・脳梗塞
・心筋梗塞

高齢者に多い症状だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんな事ありません!特に熱中症においては近年、温暖化により年齢関係なく起こる症状となっております。

さらに熱中症による死亡数は年々増加傾向にあるので、特に注意が必要です。

熱中症死亡数
※厚生労働省データより引用

頭痛の原因も水分不足!?

水分不足による頭痛

体内の水分が不足する事に伴い、血液中の水分も不足してしまいます。

それにより血液濃度が高くなると血、液の流れも悪くなってしまいます。そこで体が血管を広げて流れを良くしようと頑張ってしまいます。

この血管を広げる働きによって、神経を刺激し頭痛が起こるのです。頭痛は脱水症状の一つでもあります。

夏場に頭痛が増える方は、熱中症による体内の水分不足が原因の可能性が高いです。

水分不足による頭痛対策

お水のコスト

頭痛が起こったら、まず水分補給をして、安静にする事が重要です。

こまめな水分補給を常に心がけておく事で、水分不足による脱水症状は対策できます。

「喉が乾いた」と感じる前に、水分補給を行うようにしましょう。「喉が乾いた」と感じる時には体内の水分は不足してしまっている証拠です。

水分不足による頭痛は血行不良が原因です。血液が詰まらないよう、しっかりと水分を取り続ける事が重要です。

また普段の飲み物をお水に変えるだけでも、充分な対策と言えます。

水分はお水が良い理由

浄水器ウォーターサーバーメリットデメリット

水分の中でも「お水」が良い理由ですが、それは水分の中の不純物に関係します。

水分ならビールでもジュースでもコーヒーでもいいんじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、それは大きな間違いです。

アルコールや甘味料、カフェインなどは、体内で分解が必要となる成分です。これらを多く摂取する事で肝臓や胃腸など、体内の別の部分に多くの負担を与えてしまうからです。

体の為に水分を取り入れるのに、逆に体に負担をかけてしまっては、元も子もない話となってしまわないよう、お気をつけ下さい。

どんなお水が良いのか?

お水の種類を知ろう

不純物を取り除いてあるペットボトルやウォーターサーバーのお水をオススメします。

またお水の種類ですが、硬水に関してはマグネシウムの量が多いので、硬水に慣れていない日本人の多くは気分が悪くなったり、便が柔らかくなったりと、大量に摂取すると体調不良を起こす可能性があります。

日本の水道水の多くは軟水です。これを家庭内やオフィス内で不純物を除去し、綺麗で安全なお水を生成するウォーターサーバーも増えてきました。

これは水道水を利用するので、ウォーターサーバーでもお水が使い放題で使用できるメリットがあり、次世代型ウォーターサーバーとも呼ばれ、現在、様々な業界で注目されてきております。


全国で利用できる水道直結型ウォーターサーバー!楽水ウォーターサーバー


お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】


ノンボトル次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

まとめ

熱中症対策には水分補給

頭痛の原因は様々ではありますので、それぞれの頭痛の原因を知る事が大切です。

ご紹介させていただいたように、水分不足による血行不良で神経を刺激する頭痛もあります。

私自身経験があるのですが、夏場の炎天下の中でバーベキューをしていた夜、急激に頭が痛くなり熱が出てしまいました。

すぐに首を冷やし、お水を飲み続け、安静にして事なきを得たのですが、あのズキンズキンと来る激しい頭痛は初めての経験でした。

これから夏場になり、炎天下の中で作業される方や、同じく外で部活動をされるお子様もいらっしゃると思いますので、水分補給は常に心がけ、脱水が起こらないよう充分注意していただければ幸いです。

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集