お水を飲むルール?正しいお水の飲み方とは

お水の飲み方

お水を飲む事は良い事ですが、飲み方によってはせっかくの健康効果も半減したり、場合によっては体に負担をかけてしまう可能性もあります。

健康の為に知っておきたい5つのお水のルールをご紹介いたします。

3:5:4ルール

生活サイクル

小まめに定期的にお水を飲むには3:5:4が基本になります。

●起床から昼食までに「3」
●昼食後から夕食までに「5」
●夕食後から就寝までに「4」

上記の割合でお水を飲むというルールになります。ポイントとしては「時間」ではなく、「食事」と「睡眠」を基準にする点です。

お仕事や家事などを行なっている生活サイクルの中に、お水を飲むという事をしっかり習慣化できるよう、今一度生活を見直してみてはいかがでしょうか?

常温のお水が望ましい

常温水

暑くてすぐに体を冷やしたい時や、寒くて体を温めたい時に白湯を飲みたい時の他は、なるべく常温のお水を飲むよう心がけて下さい。

冷たいお水は美味しく感じられますし、爽快感がありますが、その分、内臓や筋肉を冷やしすぎてしまう事もあります。最近ではスーパーやコンビニでも常温水を扱っているのは、こうした健康志向の高まりからだと思います。

またウォータースタンドや楽水ウォーターサーバーでは、冷水、熱湯、常温水と、ウォーターサーバーからの水温を選ぶ事もできる為、オススメです。
ウォータースタンドはウォーターサーバーの新しいスタンダード

寝る直前にはお水を飲まない

就寝前

先ほどもお伝えしましたが、お水は小まめに定期的に飲む方が良いのですが、就寝中はお水を飲む事ができないので、起床時にすぐお水を飲むよう心がけてみて下さい。

また就寝前にお水を飲む事は避けて下さい。夜中にトイレに起きてしまう事で、睡眠の質が下がり、質の良い睡眠を妨げてしまいます。

お風呂の後などで喉が渇き、お水が飲みたい時は飲みすぎないように注意して下さい。

清涼飲料水を水がわりにしない

清涼飲料水

スポーツドリンクやビタミンC飲料を飲んでいるから、水分は充分足りているというのは大きな間違いです。

コーヒーやお茶など利尿作用がある飲み物はもちろん、糖分の多く含まれるジュースやワイン、ビールなどのお酒も決してお水の代わりにはなりません

基本的にお水以外の水分で、体内のお水を補おうと考えないで下さい。飲料=水分と勘違いしお水の摂取量が少なくなる事が危険です。

お水を飲んでもむくまない

むくみ

「むくむからお水を飲まない」という方もいらっしゃるようですが、これも大きな間違いです。

お水を控えれば一時的にに体内の水分量が減りって、むくみが取れたように感じるかもしれませんが、実は慢性脱水症を悪化させる事になってしまいます。

むしろお水をたくさん飲み、デトックス作用により、むくみは改善されます。体内のお水とミネラルのバランスをとる事が重要となります。

まとめ

ドクターまとめ

いかがでしたでしょうか?清涼飲料水をお水代わりに飲んでいるから、大丈夫と考えていた方も意外と多いのではないでしょうか?

清涼飲料水にも多くの糖分が含まれておりますので、実際に体に負担をかけてしまう可能性もあります。

お水の良い点は不純物がないという事でもあります。人間は6割が水分でできておりますので、体内に流れる血液や細胞を、スムーズに流す事が健康にとって、非常に重要です。

その為、1日に必要なお水を一気に飲めば良いという訳ではなく、3:5:4ルールのように、小まめに摂取する事が必要となります。

喉が渇いたと感じる時には既に脱水の状態ですので、小まめにお水を取り入れ、体内のお水の状態を保つよう意識してみて下さい。

原因不明の体調不良なども、実はお水不足が原因というケースも多くありますので、生活環境が気になる方は是非、お水との関わり方を見直してみてください。

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集