純水を飲み続けると死んでしまう!?純水が危険と言われる真相

純水を飲み続けると死んでしまう!?純水が危険と言われる真相

純水に触れれば手はカサカサに、飲めば体内の栄養素を取り込んでしまう。大量に飲むと粘膜がただれ、3リットル以上飲むと死んでしまう!?

純水は人間にとって本当に有害で危険なものなのか?純水の真相と危険と言われる理由を徹底解説いたします!

そもそも自然なお水とは?

採水地

自然なお水には、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムといったミネラル成分がお水の中に含まれており、このミネラル分の多いお水を硬水、ミネラル分の少ないお水を軟水と呼んでおります。

ミネラル分の多い硬水の特徴として、石鹸などの泡立ちが悪くなったり、ミネラル分が布類に付着して、色が変わってしまったり、ミネラル分が酸化することによって、悪臭の原因となってしまったりと、洗濯や工業用のお水として、あまり適しておりません。

飲用としてはミネラル分が多いと、口当たりが重く、癖のある味となり、軟水に慣れている日本人にとっては、飲みづらいと感じる人が多いです。逆にヨーロッパなどではミネラル分の多い硬水が主流となっております。

またミネラルのうちのマグネシウムは、腸管内での吸収がされにくく、水分の吸収を阻害してしまう為、お腹を下す場合もあります。内臓が発達しきっていない赤ちゃんにとって、ミネラルは控えた方がいいというのは、このような理屈からです。

純水とはどんなお水なのか?

超純水

自然界のお水には水(H2O)以外に、ミネラル成分や、細菌や微生物などの不純物が含まれております。

純水はこれらの不純物を除去し、限りなく純粋なお水に近づけたもの指します。さらに超純水と呼ばれる純水以上に不純物を取り除いたお水(H2O)もあります。

この純水・超純水は主に、工業用、製薬・医療分野研究用に利用されております。

その理由としては、工業用の半導体という精密機械に置いて、ミネラル分などの付着は故障の原因となったり、製薬・医療分野では、より安全性を保つことができたり、また研究用としては、不純物の混入が実験結果に誤差を生じさせる原因となる為です。

純水は体に悪いのか?

口コミ

「純水は体に悪い」と言われることがありますが、結論は「純水は無害」です。ではなぜ純水・超純水が人間にとって良くないとされる説が出てくるのか?それはお水の性質に対する誤解があります。

お水には色々な成分を均一に溶かし込む「溶解性」という性質があります。この溶解性は、お水の純度が高くなるほど、色々なものを溶かし込むとされ、「ハングリーウォーター」とも呼ばれております。

その性質上、精製後に空気中の二酸化炭素や揮発性の有機物、材質によっては容器からも成分が溶解されますので、超純水の精製機を製造販売しているメーカーは、その都度、精製する事を推奨しております。ここに誤解が生じているのです。

超純水を入れている容器と溶解するから、という理由ではなく、超純水の品質を維持、継続するのが難しいからという事です。

純水が危険と言われる理由

ドクターまとめ

超純水の溶解性に関しての誤解

①純水を毎日手で触れていると手がカサカサになる
②純水は溶解性から飲めば体内の栄養素を取り込んでしまう
③アルミ製で容器で沸かすと、大量にアルミニウムが溶けた状態になる
④大量に飲用すると粘膜がただれ、浸透圧の関係で急速に吸収されてしまう為、血液が希釈される

このような内容が事実であれば、スーパーなどで提供され続けている訳がありません。純水=危険というのは誤解が生む、間違った見解なのです。

まとめ

炎天下作業

結論「純水は有害ではなく、誤解が生じているだけ」です。

純水は天然水と異なり、ミネラル成分が含まれておりません。その為、純水を飲み続けるとミネラル欠乏症になるなど、その他の誤解もありますが、人間はお水以外から毎日ミネラルを含む、栄養素を取り込んでいるので、そのような心配もありません。

健康に関する情報の中には、様々な見解があるのは事実ではありますが、このように誤解が生じてしまう事もあるので、情報を精査する力を持つことも大切です。

水道水に含まれる発ガン性物質「トリハロメタン」など、本当に人間にとって有害な物質もあるので、これらを除去する事は非常に大切と言えます。

皆さんも間違った見解を持つことなく、正しい知識を持ってお水と向き合うことがで、より快適な生活を送ってください。

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集