水道直結型ウォーターサーバー5つのデメリット+α!申込前に再チェック

水道直結型ウォーターサーバー5つのデメリット+α!申込前に再チェック

水道直結型ウォーターサーバーが便利で安いのは分かったんだけど、宅配水ウォーターサーバーと比べて気になるポイントとかあるのかな?
契約してから後悔したくないから、申込前に水道直結型ウォーターサーバーのデメリットも詳しく教えてほしい!

そんなお悩みを解決いたします♪

水道直結型ウォーターサーバーのメリットは何といっても安くて便利なこと!

しかし水道直結型ウォーターサーバーにも、宅配水ウォーターサーバーと比較した場合、デメリットになるような気になるポイントもあるんです。

このページでは、水道直結型ウォーターサーバーのデメリットと対策について、詳しくご紹介いたしますので、新規契約やウォーターサーバーの乗り換え前には、是非チェックしておいてください♪

水道直結型ウォーターサーバーの5つのデメリット

水道直結型ウォーターサーバーイメージ一覧

水道直結型ウォーターサーバーには宅配水ウォーターサーバーと比べて、不便に感じられるかもしれない4つのデメリットがあります。

① 初期工事が必要
② 対応エリアが限られる
③ 初期費用が高い
④ フィルター交換が必要
⑤災害時の備蓄水にならない

この4つのポイントについて、詳しくご説明してまいります♪

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット①初期工事が必要

水道直結型ウォーターサーバーと宅配水ウォーターサーバーの大きな違いは給水方法です。

宅配水ウォーターサーバーの場合は、重たいお水ボトルを自分で交換してサーバー内に給水します。

しかし水道直結型ウォーターサーバーの場合は、水道管から分岐させて直接サーバー内に自動的に給水されるようになるので、いちいちお水ボトルを交換する必要がありません。

その水道直結型ウォーターサーバーのメリットの裏には、水道管から分岐させてウォーターサーバーに繋げる為の初期工事が必要となるデメリットがあります。

Purest設置イメージ

宅配水ウォーターサーバーの場合は申込後、メーカーから送られてくるサーバーにコンセントを挿し、お水ボトルを入れるだけで、ウォーターサーバーを使用できるようになります。

水道直結型ウォーターサーバーの場合は、インターネットからの申込後、メーカーから連絡があるので、工事日程を調整し、工事業者に設置工事をしてもらう必要があります。

初期工事自体は簡単に原状回復が可能な分岐作業ではありますが、宅配水ウォーターサーバーと比べると導入に時間がかかってしまいます。賃貸マンションなどでも問題なく工事可能ですが、引っ越しなどを予定されている方にとっては面倒に感じられるかもしれません。

対策・対処法給水タンク対応タイプのウォーターサーバーを選ぶ!
水道直結型ウォーターサーバーの中には、工事を必要としない給水タンクタイプもあります。


対応メーカー:ダイオーズ、楽水ウォーターサーバー、ハミングウォーター、シャインウォーター

Purestウォーターサーバー給水ボトル

給水タンクタイプを利用していても、後に水道直結タイプに変更することができるのもポイントです♪

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット②対応エリアが限られる

上記のように、水道直結型ウォーターサーバーは初期工事が必要となる為、メーカー専任の施工業者、もしくは代理店がお住まいのエリアの近くにないと工事ができません

宅配水ウォーターサーバーの場合は工事が必要ないので、離島を除くほぼ全国で簡単に利用できる場合が多いですが、水道直結型ウォーターサーバーの場合は、まだ利用できないエリアもあります。

水道直結型ウォーターサーバーで有名なウォータースタンドの直営店は、関東一都六県(埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県)、及び、 静岡県、兵庫県、愛知県名古屋市、福岡県福岡市が中心となっており、その他のエリアにお住まいであれば利用できない、もしくは代理店の管轄となります。

ウォータースタンド直営サポートエリア

ウォータースタンド直営店と、ウォータースタンド代理店では、キャンペーンが適用されなかったり、サービスも異なりますので注意してください。

基本的に直営店で契約する事をオススメいたします。

一方、ダイオーズや楽水ウォーターサーバー、ハミングウォーター、シャインウォーターは離島を除く全国で利用可能なので、エリアに関するデメリットはありません。

対策・対処法全国エリア対応のメーカーを選ぶ!
離島を除く全国エリア対応の水道直結型ウォーターサーバーメーカーもあります。


対応メーカー:ダイオーズ、楽水ウォーターサーバー、ハミングウォーター、シャインウォーター

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット③初期費用が高め

水道直結型ウォーターサーバーは宅配水ウォーターサーバーと比べて、初期費用が発生するメーカーが多いです。

宅配水ウォーターサーバーと違い、初期工事が必要となることもあり、導入時の初期費用は高く感じられるかもしれません。

また契約期間も決められており、期間中に解約する場合の解約金(違約金)が発生することもあるのですが、これらは宅配水ウォーターサーバーも同様です。

月々の支払いが圧倒的に抑えられる分、初期費用がかかるのは仕方ないことかもしれないですね。

水道直結型ウォーターサーバーの比較早見表を参考に再チェックして見てください♪

※左右にスクロール<>することができます。
 メーカー 水道直結型ウォーターサーバーランキング1位
ダイオーズ
水道直結型ウォーターサーバーランキング2位
ウォーター
スタンド
水道直結型ウォーターサーバーランキング3位
楽水ウォーター
サーバー
水道直結型ウォーターサーバーランキング4位
クールクー
水道直結型ウォーターサーバーランキング5位
シャイン
ウォーター
コスト 月額費用 2,980円〜 3,980円〜 2,980円〜 4,200円〜 3,000円
初期費用 10,000円 0円〜 12,000円〜 4,200円〜 0円
長期割引 × × ×
解約金 2年未満
5,960円
1年未満
2,980円
1年未満
10,000円
3年未満
残月数
x1,400円
3年未満
残年数x10,000円
+撤去費用10,000円
初回契約0円
2回目以降
5,000円
サービス 対応
エリア
全国 ほぼ全国 全国 関東のみ 全国
訪問
メンテ
ナンス
× × ×
キャン
ペーン
× ×
サーバー 水道
直結型
×
給水
ボトル型
×
RO
フィルター
×
フィルター
交換
2回/年 2回/年 2回/年 1回/年 4回/年
チャイルド
ロック
×
省エネ
モード
×
イメージ 楽水ウォーターサーバー卓上型 ウォータースタンド|ナノラピアネオ
ウォータースタンド|プレミアムステラ
楽水ウォーターサーバー卓上型

対策・対処法長期契約プラン加入で初期費用を抑える!
キャンペーンを利用する!


オススメ:ダイオーズ、ウォータースタンド、楽水ウォーターサーバー、ハミングウォーター

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット④フィルター交換が必要

水道直結型ウォーターサーバーは、蛇口に取り付けるタイプの浄水器と同じようにフィルターカートリッジを交換して使用します。

purestフィルター

フィルター交換は年に2回程度で、交換時期には各メーカーから無料で送られてきます。その為、フィルターの交換忘れもなく、常に安全な状態でウォーターサーバーを使用することができます♪

ウォータースタンドの場合は、スタッフが訪問しカートリッジ交換を行ってくれますが、その他の水道直結型ウォーターサーバーのメーカーでは自分で交換作業を行いますが、交換作業自体は非常に簡単で、特別なツールなど一切必要なく、誰でも簡単にできる作業だと思います。

ダイオーズと楽水ウォーターサーバーの水道直結型ウォーターサーバー「ピュレスト」のフィルター交換の説明動画↓

対策・対処法訪問メンテナンスがあるメーカーを選ぶ!
ウォータースタンドのみ専門スタッフがフィルター交換を行ってくれます。


オススメ:ウォータースタンド

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット⑤災害時の備蓄水にならない

宅配水ウォーターサーバーと違ってお水ボトルがない=お水ストックがなくなるという事で、災害時の備蓄水にならないというデメリットもあります。

お水ボトルの種類と置き場所の特徴

私は2リットルのお水を1ケース買って保管しているので、特に気にしておりません。

というのもお水注文のタイミングによっては、お水ボトルが全くない状態もあったり、停電が起こり電気が使えない状態ではウォーターサーバーも使用できないので、お水ボトルに専用のコックを取り付けないといけない、など備蓄水として機能させる為には、やはり別で用意する必要があるからです。

対策・対処法備蓄水は別に用意しておく!
ウォーターサーバーのお水ボトル=備蓄水ではない。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット+α天然水に比べて味が劣る

水道直結型ウォーターサーバーは純水(ピュアウォーター)、もしくはRO水となりますので、水道水に含まれるミネラル成分も除去します。

安全でスッキリしたお水ではありますが、天然水と比べると味わいは劣ってしまうようですが、お水の味に関しては主観も大きかったり、多くの人が分かりにくい部分でもあると思います。

水道直結型ウォーターサーバーと赤ちゃんのミルク

逆にミネラル成分がない分、内蔵が発達しきっていない赤ちゃんにはピッタリで、ミルク作りなどにはどのお水よりもオススメです!

赤ちゃんはミネラル成分が多く含まれる天然水を摂取すると、下痢や腹痛の原因になると言われておりますので、ご注意ください。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリットまとめ

水道直結型ウォーターサーバーのメリットは安くて便利ですが、具体的には下記の通りです。

①お水の使いみちが増える
②お水ボトルの注文・受け取り・保管がいらなくなる
③お水ボトルの交換が必要なくなる
④おしゃれなウォーターサーバーが使える
⑤ウォーターサーバーの設置スペースが小さくなる

これらのメリットと比べて、デメリットと感じるポイントが気にならない方も多いと思います。

12リットルもある重たいお水ボトルの交換作業や、注文、受取、保管は宅配水ウォーターサーバー利用中にずっと続くものです。

宅配水の手間

安い!だけではなく自動給水の仕組みが、水道直結型ウォーターサーバーの何より大きなメリットだと考えております!

本当のところ、今からRO水の宅配水ウォーターサーバーを検討されているのであれば、水道直結型ウォーターサーバーを圧倒的にオススメします!

定額制でお得な楽水ウォーターサーバー

天然水の宅配水ウォーターサーバーは魅力的なポイントも多くあるので、水道直結型ウォーターサーバーのデメリットを参照しながら、改めてご検討されることをオススメいたします!

皆さんにピッタリのウォーターサーバーが見つかれば何よりです♪

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集