ウォーターサーバー【デメリット】ウォーターサーバーで損をしたくないアナタへ!

ウォーターサーバーデメリット|ウォーターサーバーで損をしたくないアナタへ!

ウォーターサーバーのメリットは何となく分かるけど、ウォーターサーバーのデメリットってあるの?
後悔したくないから契約する前にウォーターサーバーデメリットを知っておきたい!デメリットの対策や解決方法もあるなら教えて!

そんなお悩みを解決いたします♪

ウォーターサーバーは冷水や温水をいつでも使えて便利!しかもおいしい!などメリットが多くあります。最近ではウォーターサーバーを利用されている方も増え、ウォーターサーバー=一般的な家電という認識も強まってきています。

そんなウォーターサーバーを契約する際、気をつけたいポイントや、契約前に知っておきたいウォーターサーバーのデメリットを5つの項目からご紹介してまいります♪

❶お水を使えば使うほど費用がかかる

一般的な宅配水ウォーターサーバーは、お水の利用量に応じて、その費用も高くなっていきます。

特に天然水ウォーターサーバーは最新のおしゃれなウォーターサーバーで、ミネラル豊富なおいしいお水を飲めるので、ウォーターサーバーの中でも人気は高いのですが、月々支払う費用の高さに驚かれる方も多いと思います。

下記の表はおおまかな費用、利用目安になりますが、参考までにお目通しください↓

●天然水ウォーターサーバー(コスモウォーター、プレミアムウォーター、フレシャスなど)
ご利用人数 構成 ご利用目的 お水ボトル 月額料金
2人 夫婦 飲料水 3本(36ℓ) 5,700円
3人 夫婦+赤ちゃん 飲料水+ミルク 4本(48ℓ) 7,600円
4人 夫婦+赤ちゃん+子ども 飲料水+ミルク 5本(60ℓ) 9,500円
5人以上 夫婦+赤ちゃん+子ども+子ども 飲料水+ミルク 6本以上 11,400円
●RO水ウォーターサーバー(クリクラ、アクアクララなど)    
ご利用人数 構成 ご利用目的 お水ボトル 月額料金
2人 夫婦 飲料水 3本(36ℓ) 3,750円
3人 夫婦+赤ちゃん 飲料水+ミルク 4本(48ℓ) 5,000円
4人 夫婦+赤ちゃん+子ども 飲料水+ミルク 5本(60ℓ) 6,250円
5人以上 夫婦+赤ちゃん+子ども+子ども 飲料水+ミルク 6本以上 7,500円

天然水と比べるとRO水は安く感じられると思いますが、天然水ウォーターサーバーと比べると魅力が少ないのが事実です。実際にウォーターサーバーを利用されている方の多くが、ウォーターサーバーのお水を制限しながら使っているというのです。

そこで当サイトでは次世代型ウォーターサーバーと呼ばれる水道直結型ウォーターサーバーをオススメしております。まだ宅配水ウォーターサーバーと比べると知っている方も少ないと思います。

この水道直結型ウォーターサーバーは、お水が定額制で使い放題で利用できるという大きなメリットがあります。

●水道直結型ウォーターサーバー(ダイオーズ、ウォータスタンドなど)
ご利用人数 構成 ご利用目的 お水ボトル 月額料金
2人 夫婦 飲料水 不要 (使い放題) 2,980円〜
3人 夫婦+赤ちゃん 飲料水+ミルク 不要 (使い放題) 2,980円〜
4人 夫婦+赤ちゃん+子ども 飲料水+ミルク 不要 (使い放題) 2,980円〜
5人以上 夫婦+赤ちゃん+子ども+子ども 飲料水+ミルク 不要 (使い放題) 2,980円〜

ウォーターサーバー=高いというデメリットは、この水道直結型ウォーターサーバーが完全に克服してくれました!お水費用を気にすることなく利用することができるので、ウォーターサーバーの用途が増えること間違いなしです!

水道直結型ウォーターサーバー利用用途

うさちゃん
うさちゃん

ウォーターサーバーのお水で料理すると、味がワンランクアップするのがうれしい♪

❷お水ボトルの交換が大変

ウォーターサーバーボトル交換

もう一つ大きなデメリットとして、お水ボトルの交換作業があります。宅配水ウォーターサーバーのお水は専用のボトルを交換して利用します。

お水ボトルはだいたい12ℓ(=12Kg)もあり、移動させるだけでも困難です。特に女性やご高齢の方にとっては、かなりの重労働となります。最近ではウォーターサーバーの上部ではなく、下部からボトル交換を行えるウォーターサーバーも出てきておりますが、根本的な解決にはなっておりませんでした。

コスモウォーター足元ボトル

一方、水道直結型ウォーターサーバーでは、水道菅から直接ウォーターサーバーに接続して利用する為、お水ボトルの交換が必要なく自動給水式でウォーターサーバーを利用することができるんです!

ウォーターサーバーの将来

まさに次世代型ウォーターサーバーの名の通り、今までのデメリットを改善した全く新しいウォーターサーバーなんです♪

水道水ウォーターサーバーのメリット
うさちゃん
うさちゃん

お水ボトルの交換は想像以上にきついよね。

❸お水ボトルの置き場所が必要

ウォーターサーバーボトル注文

お水ボトルの置き場所も宅配水ウォーターサーバーを利用する上で不可欠なもの。

ウォーターサーバーだけでも設置スペースが気になる、という方も多いと思いますが、意外と忘れがちなのがお水ボトルの存在です。お水の利用量が多ければ多いほど、それだけお水ボトルの置き場所は必要となります。

宅配水ウォーターサーバーでは、お水ボトルに関連するデメリットが非常に多いのですが、こちらに関しても水道直結型ウォーターサーバーが解決してくれました!

水道直結型ウォーターサーバーの場合、ウォーターサーバーの設置スペースのみで他に余分なスペースを必要としない為、設置スペースに不安がある方でも安心して利用できます♪

うさちゃん
うさちゃん

お水ボトルが邪魔なのは仕方ないと思ってた!

❹お水ボトルの注文に気を使う

ウォーターサーバーボトル受け取り

宅配水ウォーターサーバーの場合、お水ボトルの注文が必要です。

天然水ウォーターサーバーではワンウェイ配送により、日時指定などは通常の宅配便と変わらず行えるのですが、受け取りのタイミングを調整するのは面倒です。受け取りができない為に、お水ボトルを切らしてしまい、ウォーターサーバーを使えない期間ができてしまった経験をお持ちの方も、実際多いです。

そんなデメリットに関しても、水道直結型ウォーターサーバーは自動給水型なので問題なく利用することができるんです♪

うさちゃん
うさちゃん

受け取る為に予定を調整したりする必要がなくなるんだね!

ウォーターサーバーのデメリットと対策まとめ

宅配水の手間

ウォーターサーバーのデメリットに関して4点挙げましたが、どれも水道直結型ウォーターサーバーが解決してくれました!

もちろん水道直結型ウォーターサーバーにも、宅配水ウォーターサーバーと比べてデメリットと感じるポイントもあります。

①初期工事が必要
②災害時の備蓄水にならない

水道直結型ウォーターサーバーのデメリットに関しては、こちらで詳しく解説しておりますので、合わせてチェックしてみてください♪

これからのウォーターサーバー

ちなみに海外では既に水道直結型ウォーターサーバーが、宅配水ウォーターサーバーのシェアを上回っており、その差は歴然です!

先進国の水情報

また家庭でろ過したところで本当に安心できるの?という方もいらっしゃると思いますが、宅配水ウォーターサーバーのお水は天然水を除き、水道水をろ過して生成されているものなので、お水のクオリティに大きな違いはありません。

浄水器ウォーターサーバーの仕組み

今までウォーターサーバーのデメリットが気になり、ウォーターサーバーを敬遠してきた方や、宅配水ウォーターサーバーを利用されているけど、不満が多くなってきた方にとって、次世代型ウォーターサーバーのメリットは非常に大きなものとなるはずです!

当サイトでも1番人気のダイオーズの水道直結型ウォーターサーバーは、月々2,980円のみで利用できるので、これを機にウォーターサーバーの利用、乗り換えをご検討されてみてはいかがでしょうか?

【1位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングTOPバナー

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集