ウォーターサーバーは赤ちゃんに良い?知っておくべきお水の知識

ウォーターサーバーは赤ちゃんに良い?知っておくべきお水の知識

妊娠をきっかけにウォーターサーバーの利用を開始される人も多いのですが、そのウォーターサーバーのお水は本当に赤ちゃんにとって、良いお水なのでしょうか?

ミルク作りにとても便利ではあるのですが、間違ったウォーターサーバー選びをしている人も多いので、このページでは、赤ちゃんにとって本当に良いウォーターサーバーをご紹介いたします。

ウォーターサーバーのお水とは?

天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーのお水は大きく分けて2つあります。

1つがミネラルウォーターと呼ばれるお水にミネラルを多く含んだ天然水です。コスモウォーターや、プレミアムウォーター 、フレシャスなどが有名です。

そしてもう一つがお水の不純物を除去したRO水です。クリクラやアクアクララ、ワンウェイウォーターなどがこれにあたります。またこれらのメーカーは不純物を除去した後に、人工的にミネラルを添加しているものが多いです。

お水のミネラルとは?

フレシャス|天然水

人体に必要なカルシウムや鉄、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩素、ヨウ素など、栄養学上で食品成分中の無機質を指します。

人体の約5%がミネラルと呼ばれる約20種類もの元素で構成されており、骨や歯などの骨格を形成し、タンパク質や脂質の成分となるなど、人間にとっても非常に重要なものです。

赤ちゃんにとって良いお水とは?

人体の影響

一方、赤ちゃんにとってはこのミネラルが実は危険なのです。

体内が成熟した大人であれば、これらミネラルを消化する事ができるのですが、体内が未熟な赤ちゃんにとっては消化しきれず、逆に重荷となってしまいます。

その為、赤ちゃんにとってミネラルウォーターで作ったミルクなどを飲ませた場合、お腹を下すなど、トラブルがつきまとってしまいます。

大人にとっては、お水の味わいを良くしたり、栄養になったりと良い面で作用するものでも、赤ちゃんにとってはそうではないので注意してください。

水道直結型ウォーターサーバーのお水は?

楽水ウォーターサーバーRO水

水道直結型ウォーターサーバーのお水は、ウォーターサーバー内で水道水の不純物を除去した純水(ピュアウォーター)になります。

またダイオーズや、楽水ウォーターサーバー、ウォータースタンドのRO水というものは、より不純物を除去する為に開発されたRO膜で除去したお水になります。

これらのRO水に人工的にミネラルを添加したお水が、クリクラやアクアクララのRO水です。

まとめ

赤ちゃんにおすすめのお水

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに利用しようと考えている人は、赤ちゃんに適したウォーターサーバーを選ぶ事が重要なポイントとなります。

実際に天然水ウォーターサーバーを利用するのをやめたら、赤ちゃんの下痢が治ったなどの話もよく聞きます。

天然水のメリットとしては、人間に不足しがちなミネラルを取り入れる為に役立ちますので、それぞれ目的に合わせて使い分けるのがベストと言えます。

もしくは水道直結型ウォーターサーバーを利用しながら、自分でAmazonなどで購入できるミネラルを添加するという方法もあります。

グレイトミネラル

このような人工ミネラルを数滴たらす事で、宅配水のRO水と同じような品質になるので、大人はミネラルを添加したもの、赤ちゃんにはそのままの純水を、というのも一つの方法かもしれません。

このように目的に合わせて、ウォーターサーバーを選ぶ事をおすすめいたします。

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円
【3位】楽水ウォーターサーバー
月額費用:2,980円〜
楽水ウォーターサーバー特典
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー特集