水道水は危険!?発癌性など疑われる理由と対策とは

水道水は危険?

世界中(196カ国)で水道水を飲む事ができる国は、日本を含めたったの15カ国だけって知ってましたか?

日本の水道水は水質基準を51項目もクリアし塩素で消毒、殺菌しているので、日本の水道水は飲む事ができるのです。
厚生労働省:水質基準項目と基準値

この塩素って実は人間にとって、非常に危険な物質でもあるんです。本当はこわい水道水について、ご紹介してまいります。

そもそも塩素ってどんな物質?

塩素

塩素は強い毒性を持ち、人類初の本格的な化学兵器としても使われておりました。

塩素を吸引すると呼吸器に損傷を与え、空気中の濃度がある程度以上では、皮膚の粘膜を強く刺激します。目や呼吸器の粘膜を刺激して、咳や嘔吐を催し、最悪、呼吸不全で死に至るケースもあります。液体塩素は直接触れた部分が炎症を起こします。

日本でも塩素は毒物および劇物取締法によって劇薬に指定されている大変危険な物質はありますが、水道水は必ず塩素によって感染症の原因である病原微生物の消毒を行なっております。

水道水は水道法第22法に基づく水道法施行規則(厚生労働省令)第17条3号により、残留塩素を0.1mg/L以上に保つように定められております。

水道水の塩素消毒による人体への影響は?

人体の影響

一般的にカルキ臭と呼ばれる臭みが発生する他、発癌性物質が含まれているトリハロメタンを生成してしまうとも言われております。

トリハロメタンの約6〜8割はクロロホルムという物質になります。WHO(世界保健機関)が設定している水道水1リットル当たりのクロロホルム含有量は0.2mgに対し、水質基準が厳しい日本の水道水では1リットル当たり0.2mg以下とされております。

またトリハロメタンは人体の中で代謝される物質でもありますので、特にすごい影響が出るという訳ではなさそうです。

逆に水道水から塩素を取り除くと、細菌や病原菌が繁殖しやすくなってしまうので、水道水に塩素が含まれてしまうのも、ある程度仕方ないという事となりますね。

他に水道水が危険な要素はある?

水タンクや給水菅はなかなか内部を覗く事ができません。どんな状態になっているのか、あえて考えないようにしている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

水タンク給水管

この図のように蛇口から水道水が出るまでに、多くの管を経由しております。この水タンクに接続されている給水管や、その他の鉄製部品にキズができ、そこからサビや泥などが蓄積してしまうケースもあります。

給水管の現状

給水管などの水道管は古くから使用されているものが多く、赤さびが多く発生してしまっております。いくら塩素などで消毒を行なっても、このような水道管を通り、各ご家庭の蛇口から出てくるものなので、やはり不安は大きく感じますね。

給水タンクの管理は国ではなく、厚生労働大臣に認可された民間の事業者が点検しておりますが、有能な人材定年を迎えるなどの理由から、対応がなかなか進まないという現状もあるそうです。

煮沸消毒したら大丈夫?

煮沸消毒

煮沸消毒する事で、カルキ臭、トリハロメタン除去は可能です。

しかし水道水を沸騰させる際は必ず10分以上加熱してください。沸騰直後の水道水は逆にトリハロメタンが多く発生しているので大変危険な状態です。

また煮沸消毒した水道水は、殺菌成分である塩素が取り除かれているので、雑菌が繁殖してしまう可能性が高い状態となっております。

冷蔵庫で保管しても1日以上経過する事で、その危険性は高まります。さらに夏場は雑菌の繁殖が早いので、特に注意してください。煮沸消毒した水道水はなるべく早く飲むという意識を持ってください。

安全なお水はやっぱり高い?

お水のコスト

そこでオススメしたいのが、次世代型ウォーターサーバーと呼ばれる、水道直結型ウォーターサーバーです。

今までのウォーターサーバーではコストが高いという理由から継続して利用し続ける事が難しいものでした。

しかしこの水道管直結型ウォーターサーバーには、宅配水と同程度のろ過性能があり、安全なお水をコストを気にする事なく、水道水と同じように使い放題で利用する事ができるのです。

JIS規格|家庭用浄水器試験結果
※ウォータースタンドの検査結果

さらに宅配水ではコストの関係から、下記のような使い方ができなかった方も多かったかと思いますが、お水が使い放題である為、コストを気にせず利用できるのは本当にありがたい事です。

ウォータースタンドの特徴用途

まとめ

世界的にも安全と言われる日本の水道水ではありますが、やはり様々な問題はあるようです。

特に発癌性の高いトリハロメタンなどの有害物質が検出されている事は、特に小さなお子様がいるご家庭では無視できるものではない内容かと思われます。

煮沸消毒を行う事で、塩素やトリハロメタンを除去する事は可能ではありますが、毎回都度行う手間や、光熱費の事を考えると現実的ではありません

そこで月々3,500円からの定額制でこれらの不安を解消できるのであれば、本当に安いものだと思ってしまうのは私だけでしょうか?

浄水器ウォーターサーバー宅配水との比較

次世代型ウォーターサーバーと呼ばれる理由は、生活を変える家電である為です。これからはご家庭に1台あるのが当たり前となってくる程の画期的なウォーターサーバーですので、皆さまも今からご検討されてみてはいかがでしょうか?

【1位】ダイオーズ
月額費用:2,980円〜
ダイオーズキャンペーン情報
【2位】ハミングウォーター
月額費用:2,900円
ハミングウォーター特典
【3位】ウォータースタンド
月額費用:3,980円〜
ウォータースタンド特典10,000円


全国で利用できる水道直結型ウォーターサーバー!楽水ウォーターサーバー


お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】


ノンボトル次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ウォーターサーバー診断バナー
水道直結型ウォーターサーバーランキングバナー
宅配水ウォーターサーバーランキングバナー
Purest-ピュレスト-徹底解説

水道直結型ウォーターサーバーメーカー